グーグル、人工知能技術をめぐって数十億ドル規模の米国特許裁判に直面
ロイター · 01/09 11:01
自動翻訳
ニュースを聞く
グーグル、人工知能技術をめぐって数十億ドル規模の米国特許裁判に直面

ブレイク・ブリテンとネイト・レイモンド

- AlphabetのGoogle GOOGL.Oは、主要製品の人工知能技術を強化するために使用しているプロセッサがコンピューター科学者の特許を侵害しているとの非難をめぐって、火曜日にボストンの連邦陪審員に裁判にかけられる予定です。

マサチューセッツ州に拠点を置くコンピューター科学者のジョセフ・ベイツによって設立されたシンギュラー・コンピューティングは、グーグルが彼の技術をコピーし、グーグル検索、Gmail、グーグル翻訳、その他のグーグルサービスのAI機能をサポートするためにそれを使用したと主張している。

Googleの裁判所への提出書類によると、Singularは最大70億ドルの金銭的損害賠償を請求しておりこれは米国史上最大の特許侵害裁定額の2倍以上に相当します。

グーグルのスポークスマン、ホセ・カスタネダは、シンギュラーの特許は「疑わしい」と述べ、グーグルは「長年にわたって独自に」プロセッサを開発したと述べています。

カスタネダ氏は、「法廷で記録を正すことを楽しみにしている」とカスタネダ氏は述べている。

Singularの弁護士は、この事件についてコメントすることを拒否した。

裁判は2〜3週間続く予定です

Singularの2019年の訴状によると、ベイツは2010年から2014年の間に自分のコンピューター処理のイノベーションをGoogleと共有したという。シンギュラーによると、グーグルのテンソルプロセッシングユニットは、同社のAI能力を強化するもので、ベイツの技術を模倣しており、2つの特許を侵害しているという。

この訴訟では、グーグルの回路はベイツが発見した改良されたアーキテクチャを使用しており、処理能力が向上し、「AI のトレーニングと推論を行う方法に革命をもたらした」とのことです。

Google は、音声認識、コンテンツ生成、広告レコメンデーション、その他の機能に使用される AI を強化するために、2016 年にプロセッシングユニットを導入しました。Singularによると、2017年と2018年に導入されたこのユニットのバージョン2と3は同社の特許権を侵害しているという。

Googleは12月に裁判所に対し、同社のプロセッサはSingularの特許技術とは異なる方法で動作し、特許は無効であると告げた。

グーグルは裁判所への提出書類の中で、「グーグルのエンジニアたちはこの技術について複雑な感情を抱いていたが、同社は最終的にそれを拒否し、ベイツ博士に彼のアイデアはグーグルが開発している種類のアプリケーションに適していると明言した」と述べた。

ワシントンの米国控訴裁判所も火曜日に、Googleが米国特許商標庁に控訴した別の訴訟で、Singularの特許を無効にするかどうかについての議論を審理する予定です。


(ワシントンのブレイク・ブリテンとボストンのネイト・レイモンドによる報告、デビッド・バリオとビル・バークロットによる編集)

((blake.brittain@tr.com; +1 (202) 938-5713;))

リスク警告: 当ニュースはGoogle翻訳によって英文を自動翻訳したものです。当社は翻訳の信頼性・正確性について改善に務めますが、それらを保証するものではありません。また、自動翻訳による誤訳や誤字等によってお客様が何らかの損害等を被った場合でも、当社は一切の責任を負いませんので予めご了承ください。
関連株
  • GOOG

    アルファベット Ordinary Shares Class C

    --

    -1.70 -1.22%

  • GOOGL

    アルファベット Ordinary Shares Class A

    --

    -1.32 -0.95%